電源が入らず通電しない ASUS F554L 【マザーボード修理】

F554Lの修理

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

電源が入らず通電もしない

電源が入らず通電しない ASUS F554L のマザーボード修理を行いました。

このASUS F554Lは、海外で購入されたパソコンとのことです。キーボードがイタリア語になっています。

F554L

まず、ACアダプタを接続して、電源スイッチを押しても全く反応しません。さらに通電ランプを確認すると点灯しておらず、通電していない状態です。

早速、電源装置でパソコンにどのように流れているかを計測します。電気が全くパソコンに流れておりませんでした。

F554Lの分解・修理

電源装置では原因の特定までは至りませんでしたので、早速F554Lを分解して故障箇所を特定することにします。

F554Lの分解

この機種は、裏蓋を開けるだけの簡単に分解できるタイプでは無いため、キーボード側から順番にマザーボードを外していく必要があります。

キーボードとキーボードベゼル、ケース等が取り外せました。また、内蔵式のバッテリーも忘れずに外します。

F554Lのマザーボードの診断

F554Lのマザーボードが取り外せたら、今度はDCジャックを検査します。今回はDCジャックに特に不具合はありませんでした。

次に、DCジャックから続いている電源回路まわりを診断します。電気を遮断下状態で各部品のチェック、さらに通電状態で電気が正しく流れているか、念入りに手作業でひとつひとつ地道に故障箇所を探していきます。

F554Lの検査

マザーボード上の故障箇所を発見

念入りにマザーボード上の回路をひとつひとつ探っていた所、怪しい動作をしている箇所を見つけました。

まず、電源回路周りのチップコンデンサが幾つか壊れている状態でした。

家電やデスクトップパソコンなどに使われている、大きなサイズのコンデンサであれば肉眼でもわかりますが、ゴマ粒サイズの極小チップコンデンサの為、肉眼での故障の判断はできません。

マザーボードの修理を開始

これらのコンデンサが壊れていましたので、故障しているコンデンサ以外にも、ダメージを受けてそうなコンデンサも予防策として一緒に交換します。

また、チップコンデンサ以外にも、怪しい動きをしている電源関連のチップが故障しておりました。

F554L電源チップ

この電源関連のチップも交換しないと正しく動作しません。一度このチップを基板から取り外す必要があります。

このチップは裏面や端子部分がハンダでしっかりと基板に張り付いております。ハンダゴテで無理やり剥がすと基板を損傷させてしまう恐れと、時間が掛かる為、専用の装置と工具で取り外します。

F554L電源チップ取り外し

チップの取り外しができたら、壊れていないチップへと交換します。

コンデンサやチップなどの交換が済んだら、他の回路に故障がないかしらべます。

特に問題がないようですので、マザーボードを仮組立で検査します。

F554Lのマザーボード検査

いままで全く電源が入らなかった、F554Lのマザーボードが電源が入るようになりました。動作にも問題がようですので、組み立てて修理完了です。

F554Lのマザーボード修理完了

F554Lのパソコン修理後

組み立てが終わりましたら、再度正しく電源が入るか、何度も繰り返し起動を試みます。さらに最終的にパソコンに様々なテストや負荷を掛けてモニタリングします。

問題が無ければ、これでF554Lのマザーボード修理が完了です。

マザーボード修理おまかせください

ASUSのF554Lや、その他メーカのマザーボードも修理可能です。お気軽にマザーボード修理をご相談ください。イーハンズでは、「マザーボード交換」ではなく、マザーボード自体を「修理」するので、マザーボード交換よりも低価格で対応が可能です。

是非、秋葉原と新宿、池袋のパソコン修理屋さん「イーハンズ」へご相談ください

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です