Let’s noteの通電不良を修理してみた【CF-N10】

Let's note CF-N10
記事監修者紹介

三度の飯よりマザーボード修理」が好き、社内のあだ名は「マザボ男」や「マザボさん」。生まれ変わったら某社のマザーボードになりたいという夢を持つ社内1の「GPU交換」から「回路補修」、「基板修理」ならお任せのスーパーマン。

今回は、水こぼしが原因で電源が入らないLet’s note(レッツノート) CF-N10のマザーボード故障のパソコンを修理しました。

Let’s noteの電源が入らない

Let's note CF-N10の電源不良

会社でパソコンを使用中に水をこぼしてしまい、 Let’s noteパソコンの「電源が入らない」と持込で相談いただいた Let’s note CF-N10(CF-N10CWGDS)のパソコンです。

起動できない

Let's note CF-N10電源スイッチ

電源ケーブル(ACアダプター)を接続しても、充電ランプも光らない状態です。電源スイッチをスライドするも、電源は入らなず、電源スイッチも光らない状態です。

Let’s note CF-N10の分解と修理

おそらく水をこぼした影響で内部のマザーボード(メイン基板)を故障している可能性があります。 Let’s noteを分解してマザーボードを取り外し検査をします。

Let’s noteのネジは場所によりサイズや形状が異なります。組み立て時に間違えないように注意が必要です。

キーボード

Let's note CF-N10キーボード取り外し

裏面のねじを外したら、キーボードをはずします。

トップカバー

キーボードを外したら、キーボード周りのカバー(トップカバー)も外します。

マザーボード

トップカバーを外したら、マザーボードが見えてきます。マザーボードに接続されているケーブルなどをすべて外します。

Let's note CF-N10のマザーボード
Let’s note CF-N10のマザーボード

Let’s noteのマザーボードの取り外しができました。

水没跡

マザーボードを取り外すまでに、様々な場所で水こぼしの形跡(水没跡)が確認できました。

やはり水こぼしが原因であることが濃厚です。内部に水が浸入しマザーボードを故障させてしまったと思われます。

Let’s Note CF-N10 本体裏カバー
Let’s Note CF-N10 ネジのサビ
Let’s Note CF-N10 外部出力端子

マザーボードの修理

次のページでは、取り外した Let’s Noteマザーボードの修理についてです。

取り外したマザーボード上の故障個所を特定し、マザーボードを修理します。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です