物理損傷のUSBメモリからデータ救出【秋葉原店】

USBメモリのデータチップ読込

物理的に損傷したUSBメモリ

SonyのUSBフラッシュメモリが故障してしまったとのことで、データ救出のご依頼を頂きました。

お持ち頂いた時には既に物理的に損傷、破損した状態で外側のケースも割れてしまい、基板むき出しの状態でした。

写真では確認できませんが、端子部分が基板から少し浮いている状態でした。

USBメモリの物理損傷

この基板むき出しの状態でパソコンに接続し、データが無事か確認してみたそうですが、パソコンでは読み出せなかったとの事です。

物理損傷した時は、動かさないのがベスト!

実はこのように故障した状態でパソコンに接続して電気を流してしまうと基板がショートしてしまい、最悪の場合はデータの救出すら困難な場合があります。

ご自身で無理やり接続させたり、基板を手でおさえたりなど、動かないようにして、修理専門店に見てもらうことが第一です。

USBメモリの修理方法

それでは、当店ではどのようにUSBメモリのデータ救出をしているか紹介させていただきます。

まずはUSBメモリ基板自体を補修

USBフラッシュメモリの故障の多くは先端の端子と基板の接触が悪くなっているということが多いため、まずは先端の端子を取り外し、基板から直接データを読み出せるか試みてみます。

USBメモリ基板のショート

しかし、今回はやはりパソコンに接続したことにより基板をショートさせてしまったようで、簡単にはデータの救出が出来ませんでした。

 基板補修不可ならデータチップ

このような状態になってしまった場合はデータを記憶しているチップから直接データを読み出していく必要があります。

基板に乗っている黒い大きい四角いチップがデータを保存しているチップです。

USBメモリのチップ

このチップを取り外し、データ読み出し専用の機械に乗せてデータを救出していきます。

USBメモリのデータチップ読込

これでデータが救出できたら新しいUSBフラッシュメモリにコピーをし、無事にデータ救出完了となります。

故障後にパソコンに接続したかどうかで救出できる確率が格段に違います。

USBフラッシュメモリが破損した場合は絶対にパソコンには接続せず、秋葉原と新宿、池袋でUSBメモリの修理を行っているイーハンズへお持ちください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です