USBが取れた!USBメモリからデータ救出【imation製メモリ】

USBメモリの先端が取れた!

イーハンズ秋葉原店です。先日、imation社製のUSBメモリからデータ救出を行いました。

USBが取れた状態

状況としては、USBメモリの先端のUSBプラグの部分が、物理的に取れてしまっています。

取れた状況として、電源の入ったPCに接続した状態で、PCを移動ちゅうにUSBメモリをぶつけてしまい、USBプラグが取れてしまった状況です。

このUSBメモリはimation製のUSBメモリで、キャップ式ではなく回転するバーでUSBプラグを保護するタイプになっております。

Imation USBメモリ

しかし、接続中は保護できないため、USBが剥がれて取れた状態になってしまいました。

故障状態で接続はダメ!

ご自身で無理やりUSBプラグを、押し戻してPCに接続したがダメだったとのことです。
(故障した状況で、無理やり通電(PCに接続)するのは非常に危険です。最悪生きているデータも消えてしまいます)

USB接続禁止

USBメモリからデータ救出作業

それでは、物理故障してしまったUSBメモリよりデータを救出していきます。まず安価にUSBメモリからデータを救出するため、物理故障したUSBメモリ自体を応急的に修理してみます。

取れたUSB

USBを応急処置で修復

基板から、物理的にUSBが取れた状態の為、基板に直接読み込み用のUSBケーブルをはんだ付けしていきます。

USBのはんだ付け作業USBの「ピン」と「ピン」の隙間が非常に小さいため、隣のピンとくっつかないように細心の注意が必要です。

写真の作業員は、肉眼で見えるようですが、人によっては「ルーペ台(拡大鏡)」を使わないと見えない場合もあります。この記事を書いている私は、ルーペ派です。。。(年齢の問題ではありません!視力です! 笑)

ルーペスタンド

USBコネクタの接続が完了したら、コネクタが隣同士くっついてしまっていないか、導通検査をします。問題が無ければPCに接続して、データにアクセスが出来るかどうか確認します。

しかし、データにアクセスすることが出来ませんでした。更にマイクロスコープ(顕微鏡)を使って基板上を念入りに検査します。

マイクロスコープ

検査した所基板上のチップ部品の一つがショートして損傷している状態でした。おそらく無理やり接続した時に違うピンが接触したり、割れた破片が当たったなどでショートしてしまったものと推測されます。

故障箇所

こうなってくると、データが生きているか心配になってきました。損傷したチップを壊れていない物へ交換します。

交換が完了したら、再度PCに接続して確認します。

 

いよいよ・・・・

いよいよ結果がでます・・・・

データ救出完了!

USBメモリ応急処置

ついに、データにアクセスすることが出来ました。応急処置にて、データも無事に確認する事が出来ましたので、救出先の新しいUSBメモリにデータを救出して修理完了です。

今回は、USBが故障した後に無理やりPCに接続してもデータが取れましたが、本来は余計なことはせずに直ちに修復作業することが望ましいです。

USBが折れたなら

USBが取れた、折れたなどおこまりの方は、秋葉原と新宿、池袋のイーハンズへお気軽にご相談頂ければ最大限、協力させていただきます。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です