MacBook Proの電源が入らないA1286【ロジックボード修理】

ロジックボードの取り外し
記事監修者紹介

MacBook修理担当。MacBookが好きすぎて給料のほとんどを関連商品につぎ込む自称MacBookマニア。ニックネームはマックさん。自宅には歴代のマックが数十台以上という噂。社内一のムードメーカー。

MacBook Proの電源が入らない

MacBook Proの電源が入らないという症状の「MacBook修理」を行いました。

MacBook Proの電源が入らないが入らないとご相談を頂いたMacbook Proのノートブックパソコン(A1286)になります。

電源アダプターを変えても、電源が入らないので電源アダプターではなく、Macbook自体が故障している可能性が高いと判断しました。

この電源が入らない状況ですと、本体のマザーボード修理(ロジックボード修理)が必要になります。

メーカーで修理不可!?

このモデルは、年数が経過している為、メーカーで部品が無く修理できないと断られたとのことです。

当店の場合、メーカーとは修理方法が異なり、壊れているロジックボードを交換するのではなく、ロジックボードじょうの壊れている不具合箇所をピンポイントで直す方法(ロジックボード補修)ですので、ロジックボードの部品在庫によって修理で出来ないということはありません。

ロジックボード修理作業

実際にパソコンを分解して、ロジックボードを修理していきます。

Macbook裏面

Macbookは裏面から分解するタイプですので、裏蓋を外して分解をしていきます。裏蓋が外れました。バッテリは必ず抜いて、放電する必要があります。

Macbook分解
ロジックボードの取り外し

次に、ロジックボード自体を修理するために、ロジックボードを取り出します。

Macbook Pro A1286ロジックボード

ロジックボードの取り外しが完了しました。

ロジックボードについているヒートシンクなど修理の邪魔になるものも外していきます。

準備が出来たら、ロジックボード上の不具合箇所をみつけだし、電源が入らない原因となっている箇所の補修を行います。

Macbookのロジックボード修理

不具合箇所を見つけたら、不具合箇所の部品の補修や交換を行います。

また、今回のMacbook Proですが、ロジックボードにホコリが多数こびりついており、ホコリで壊れてしまった可能性や、今後壊れる可能性も考えられます。

ホコリは危険なため、除去・清掃していきます。

ロジックボードの補修も、ホコリの除去も完了したら、元通り組み立てて症状が改善されれば修理完了です。

無事にパソコンも立ち上がるようになりましたので、負荷テストを行い修理完了です。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

1 個のコメント

  • AppleMacBook Pro 2400/17 MD311J/A
    電源投入後、アップルマークの表示後に全体が真っ白い画面になったまま起動しません。
    御社の記事を拝見しまして、ロジックボード故障と似ている症状でした。
    修理費用を教えて頂けないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です