身近な物が原因で故障!? IO DATAのUSBメモリ データ救出

USBに髪の毛混入

IO DATAのUSBメモリが認識しないということで、データ救出をご依頼いただきました。

指で押し出すタイプのごく一般的なUSBメモリでした。

IO DATA USBメモリ

意外な故障原因 その正体は!?

USBメモリが読み込まないという故障の原因は様々で、本当にちょっとした事で壊れることもあります。

良くある故障では落としてしまった、ぶつけてしまったなどの衝撃によるものや安全な取り外しを行わなかったなど、パソコンと通信中に強制的に通信を遮断してしまうことなどは故障原因のなかでも特に多いです。

今回の故障は分解してみて原因がすぐにピンときました。

USBメモリ 分解

どんどん分解していき、外装をはずしていき、基盤をひっくり返してみると・・・

犯人がいました!肉眼では分かりにくいですが、作業時には10倍のルーペで見ながら作業していくため、すぐに発見しました!

ホコリの混入でも故障してしまうことも

USBに髪の毛混入

拡大するとわかりやすいでしょうか。基盤には髪の毛のような毛が2本混入して、この付近の回路がショートしたような状態でした。

混入していた毛を除去し、回路補修を行ったところUSBメモリは無事に認識するようになり、データの救出ができました。

一度故障してしまったUSBメモリは故障再発の恐れがあるため、新しいUSBメモリにデータを移してお客様へ納品させて頂きます。

スライド式のUSBメモリはコネクタ出入りのために少しだけ隙間があいています。

髪の毛は細いのでほんの少しの隙間から入ってしまったようです。

今回は髪の毛のような毛が原因でしたが、少し水気を吹くんだホコリなどが混入しても同じように基盤ショートする恐れがあります。

ショートしたままパソコンに接続すると電気が流れてしまい、最悪の場合データ救出も難しくなってしまいます。

少しでも故障かなと思ったらそれ以上はパソコンに接続せずに専門店で見てもらうことが重要です。

USBメモリが認識しないなど、USBメモリの故障でお困りの方は、秋葉原と新宿、池袋のパソコン修理のイーハンズへご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です