【液タブ修理】画面が映らない CintiqCompanion2

液タブ修理

液タブの画面が映らない

液タブ(CintiqCompanion2)の画面が映らない、真っ暗という症状の液タブ修理を行いました。

専用のペンをつかって絵をかいたり、OSが入っているのでパソコンとしても使える優れものです。

仕組みはパソコンと同じ為、パソコン修理と同じように修理が可能です。

液タブの画面がうつらない

液タブの画面は真っ暗ですが、外部もにはへは出力できます。

液タブを分解

原因を特定するため液タブを分解します。

液タブの分解

液タブを分解し、まず内蔵液晶を交換してみましたが、症状は変わりませんでした。また液晶ケーブルにも問題はありません。

さらにより深いところを診断したところ、マザーボード基板上の映像処理関連のICチップの故障であることが判明しました。

液タブのマザーボード故障

このICは、マザーボード上に直接くっついているタイプ(BGA)の為、メモリやHDDのよぅに簡単に部品を交換することはできません。

液タブの映像処理IC

専用のBGA修理機にて、チップの取り外しと交換を行います。

液タブのチップ交換

故障ICの取り外しができました。

液タブのマザーボードチップ交換

チップを新しいものへ交換すれば、映像処理が働くようになり内蔵液晶の表示ができるようになりました。

今回のようなマザーボード修理は、ノートパソコンだけではなく、一部の液タブ( CintiqCompanion2 など)でも対応しております。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理