【USBが曲がった】USBデータ復旧してみた

USBが曲がった折れたなどの物理障害のデータ復旧のイーハンズです。先日、店舗へ「USBが曲がった!」とお持ち込みいただいた案件を紹介いたします。

USBが曲がった

「USBメモリが曲がった」というトラブルの修理を行いました。

USB曲がった

USBメモリをパソコンに挿した状態で、USBメモリに物をぶつけてしまい「USBが曲がった」という内容です。

先端のUSBが曲がっており、くの字に歪曲しております。

「曲がったUSB」の破損確認

まず、この「曲がったUSB」がどの程度破損しているか確認をします。また、お客様とヒアリングし、救出されたいデータの種類なども確認します。

破損状態として、USBが曲がっており、PCに接続しても曲がっているため、通電しない状態でした。おそらく中で配線が折れており通電せず読み込みもできない状況と考えられます。

曲がったUSBを分解

曲がったUSBが通電しない為、USBを分解して基板の状態を確認します。

曲がったUSBの分解
曲がったUSBの分解

USBを分解しました。基板とコネクタ部分が簡単に取れてしまいました。やはり曲がった時に内部でUSBが折れてたようです。

「USBが曲がった」時の衝撃で接点とUSBのピンが折れています。

しかし基板の接点は無事のようですので、ケーブルをつけて読み込めるか確認してみます。

仮ケーブルで補強

曲がったUSBの補強
USBのケーブル補強

仮補強として、曲がったUSBの代わりにケーブルをつなげてみます。基板に故障がなければこれでデータのアクセスができるかもしれません。

補強だけでは読込不可

ケーブルを補強し、データにアクセスしようと試みましたが、USBは認識もせず、光もしません。通電もしない状態の為、USBの基板にも故障があるようです。

次ページ:USB基板の補修

次のページでは「USB基板」自体を補修してデータにアクセスする方法を試してみます。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理