ノートパソコンの電源が入らない原因【自分で対処】

マザーボード修理

マザーボード修理をすることになったノートパソコン「NEC  LL750/ES6W」ですが、前ページで説明したチェックを行っても症状が変わらない為、マザーボード修理が必要と判断されました。

ノートパソコンを分解

早速、マザーボードを修理するため、ノートソコンを分解していきます。

ノートパソコンを無通電状態にして分解していきます。

 LL750/ES6Wの分解

この LL750/ES6Wは後ろから先に分解するノートパソコンになります。

裏側のネジや部品を外したら、今度はキーボード側から部品を外していきます。カバー類も外すとマザーボードが見えてきます。

 LL750/ES6Wのマザーボード

マザーボードの取り出し

更に作業しやすいよう、ボトムケースからマザーボードを取り外し、マザーボード単体にします。

 LL750/ES6Wマザーボード

マザーボード修理

マザーボードの取り出しが完了しました。マザーボード単体の状態で故障箇所を探していきます。

 LL750/ES6Wのマザーボード検査

無通電状態での検査、電気を流して通電状態で検査、バッテリー通電のみでの検査など様々な状況で検査を行います。

検査の結果、電源回路上に幾つか不具合があり、電気の流れに異常がありました。この不具合の要因となっているチップ部品などのを除外します。

 LL750/ES6Wチップ部品

たかが、1-3mm程度の非常に小さな部品ですが、これらの不調が原因でパソコン全体が使えなくなってしまいます。今回はこれらのチップが劣化してしまい故障してしまったものと考えられます。

これらの不具合チップを新しい物へ交換して、ノートパソコンを組み立てて修理完了です。

マザーボード修理完了

パソコンの負荷テスト
液晶画面・グラフィックへの負荷テスト

マザーボードの修理が完了しました。ノートパソコンに様々な負荷をかけながら検査をして修理完了です。

お気軽にご来店・ご相談ください

秋葉原と新宿、池袋のノートパソコン修理のお店です。お気軽にご来店・ご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です