Lavie LS150/F2 電源入らない【マザボ修理】

パソコン修理 マザーボード修理 DCジャック修理 USB復旧
液晶修理 起動しない ゲーミングPC修理 秋葉原

Lavie Ls150/F2の電源入らない修理を行いました。このLS150/F2はマザーボード故障が原因で電源が入らなくなっていましたので分解してマザーボード修理をしました。

LaVie LS150/F2電源入らない

LaVie Ls150/F2のこのパソコンは電源ボタンを押しても全く反応しません。また通電ランプも全く光っておらず、当初はDCジャック故障ではないかとお持ち込みいただいたPCです。

通電状態は問題なし

充電の部分(DCジャック)の可能性もあるためパソコンの通電状態を確認します。

問題なく通常の電気の量が流れていました。そうなるとジャックではなく本体の基板(マザーボード)故障が確実となりました。早速パソコンを分解して修理します。

パソコン分解

マザーボード基板を直すためパソコンを分解します。裏面からネジや蓋を外し分解を進めます。

裏面のネジを外したら、キーボードも外す必要があります。

マザーボード修理

マザーボードの取り外しが完了しました。早速マザーボードの故障個所を調査し分解します。

マザーボードの回路を確認したところ、目視でもわかるレベルでコゲがありました。

近くで見てます。よく見てみると基板が焦げております。この黒いフィルムの内側に電源チップがあります。子の電源チップが壊れていました。

故障した電源チップを取り外します。

電源チップを取り外したら、焦げた部分など専用の洗浄剤をつかい洗浄し、電源チップ交換します。

電源チップを交換すればLS150/F2のマザーボード修理が完了です。

PC修理見積