レッツノート 電源ボタン修理【CF-XZ6】

レッツノートの電源スイッチ修理

Panasonic レッツノートのセパレート2in1パソコン「CF-XZ6」の電源ボタン(スイッチ)修理を行いました。

ノートパソコンにもタブレットにもなる、セパレートパソコン(2 in 1)タイプのレッツノートです。

電源ボタンをペン先で押しては「X」

元々、電源ボタンがPCの横にあり「ボタンが小さく押しにくい」為、ペンで押していたのか、電源ボタンの周りにペンで押していたような跡が見受けられます。

このレッツノートXZ6は、ボールペンで電源を押す人が少なくありません。電源ボタンをペン先で押して使い続けると、内部の電源ボタンが剥がれてしまい、電源ボタンが故障、電源が入らない症状がでます。

レッツノートの分解とボタン補修

電源ボタン修理の為に、レッツノートを画面側から分解します。

キーボードと本体のドッキング部分にネジがあります。

さらに、上部フタの内部にもネジが隠れています。

これらのネジを外し、画面が割れないように慎重にカバーを外します。

背面カバーが外れたら、内蔵バッテリを外します。

なお、電源スイッチには異常が内容に見えますが、裏側の為、マザーボードも外します。

マザーボードを外して裏側を確認したら、内部の電源ボタンが剥がれておりました。

おそらく硬いペン先で何度も強く押し続けたことにより、剥がれてしまったのかと思います。

剥がれたスイッチは接点が弱っている上、耐久性にも不安がありますので、新しい物へ交換してあげます。

新しい電源ボタンを取り付けました。さらにまた剥がれないように強化してあげます。(強化してもペン先で押すのは危険です)

電源ボタンを交換したら、元通りに組み立てなおせば、レッツノートのパソコン修理が完了です。

電源ボタンを「手」で優しくおして起動確認ができれば修理完了です。

レッツノートの電源ボタン修理もお気軽にご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です