リカバリーディスク作ってありますか?【もしもの為に】

CD

パソコンはデータを保存したり消したり・・・と繰り返して使っているうちに、消しきれなかったデータのゴミや、インターネットの閲覧履歴などが知らないうちに溜まっていき、動作が遅くなっていきます。

パソコンの初期化(リカバリー)

そんな時、工場出荷時に戻すことで不要なデータのゴミなどを一気に消し、初期化することが出来ます。

その初期化することを「リカバリー」と呼び、パソコンのハードディスク内に入っているリカバリー領域やパソコン購入時についてくる「リカバリーディスク(CDやDVD等)」などを使用して工場出荷時に戻すことができます。

CD

購入時にリカバリーディスクがついていない

近年のパソコンでは、コスト削減などのためか、リカバリーディスクが購入時についていないものも多く、リカバリー領域(データ)だけというパソコンが増えてきています。

しかし、このリカバリー領域はハードディスク内に保存されているため、ハードディスクが壊れてしまったときに使えない場合があります。

もしものために作成を

そのような故障時のために、パソコンの説明書では購入後早めにリカバリーディスクを作成することを勧めています。

リカバリーディスクの作成例

リカバリーディスクの作成方法は、メーカーにより異なります。
例としてNEC PC-LL750VG6Wの場合は下記の手順で簡単にリカバリーディスクが作れます。

スタートメニューを開くと「再セットアップディスク作成ツール」というソフトが入っています。

これを開きます。

NEC リカバリーディスク作成1

再セットアップディスク作成ツールが起動したら画面の指示に従い進めていくだけでリカバリーディスクが出来上がります。

NECリカバリーディスク作成2

この機種の場合は未使用のDVD-Rディスクが3枚必要となりますので、予め用意しておく必要があります。

DVD-Rディスク1枚あたり30分~1時間程度の時間がかかりますので、時間に余裕を持って作業するようにしましょう。

リカバリーディスクの作成方法

リカバリーディスクの作り方は機種により異なりますので、詳しくはパソコンの説明書をご参照ください。

リカバリーディスクを作成するツールの名前も機種により異なり、TOSHIBAのパソコンの場合は「リカバリーディスク作成ツール」となっています。

東芝リカバリーディスク作成

リカバリーする前に

リカバリーするとデータは全て初期化となり、写真や音楽などのデータもすべて消えてしまうので、リカバリーの前には必ず必要なデータをバックアップしておいてください。

また、ハードディスクが壊れてしまい、リカバリーディスクがあってもリカバリーできない場合はハードディスクの交換が必要になります。

ハードディスクの交換や、パソコンをリカバリーしたくても、リカバリーディスクを作成していないで、
パソコンが故障してしまった場合は、パソコン修理のご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 池袋パソコン修理 新宿パソコン修理