富士通のパソコンでバッテリ充電制御アップデートツールを行うとパソコンが起動しなくなる問題

バッテリ充電制御アップデートツール

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

富士通のノートパソコンで「バッテリ充電制御アップデートツール」を実行し、失敗するとパソコンが起動しなくなるという相談が非常に増えてきています。

バッテリ充電制御アップデートツールを試してみた

実際に富士通のパソコンFMVA45H AH45/H で試してみました。

「バッテリ充電制御アップデートツール」はバッテリの経年劣化による発火などの事故を防ぐために最大充電量を少なくして安全性を高めるためのツールです。

対象機種にはWindows Updateで自動的に配信されており、対象となっている場合はパソコン起動時にアップデートの適用を促すポップアップ表示が出ます。

バッテリ充電制御アップデートツール

「開始する」をクリックすると「BIOS書換えデータ」のダウンロードが始まりました。

BIOS書換え
待つこと数秒、BIOSのアップデート開始の表示が出ました。

BIOSアップデート
ここで「開始」をクリックし、BIOSの書換えが始まりました。

待つこと数分、パソコンが再起動し、何も無かったかのようにパソコンが起動しました。
今回は成功のようです。

BIOSの書換えに失敗した事例

実際に失敗して起動しなくなった方の話を聞いてみると、BIOSの書換えがなかなか終わらず途中で電源を切ってしまったようです。

パソコンによって数分で終わるケースもあれば時間がかかるケースもあります。

なかなか終わらないからといって強制的に電源を切るのではなく、しばらく待ってみることも大切です。

万が一、BIOSの書換えに失敗してしまった場合はパソコン修理のイーハンズにて修理することも可能です。

BIOSの書換え失敗による起動不良はパソコン修理のイーハンズへご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です