Time-of-day clock stopped 時計が狂う原因と対処

CMOSバッテリー

Time-of-day clock stopped

Time-of-day clock stoppedとエラー画面が表示され起動しない症状の修理を行いました。

Windwosが起動しない

起動すると「Time-of-day clock stopped」というエラーが表示されてWindowsが起動しない症状です。

Time-of-day clock stoppedの表示

時計に異常が発生

Time-of-day clock stoppedの拡大表示

突然、黒い画面に白い文字でエラーが出てWindowsが起動しないとビックリすると思いますが、これは時刻設定が狂ってしまったことによるエラーなので、時刻設定を戻せば起動するようになります。

Time-of-day clock stoppedの原因

Time-of-day clock stoppedと表示され、なぜ時刻設定が狂ってしまうのでしょうか。

実はパソコンは電源を入れるために必要なバッテリーの他にも時間などの設定を記憶しておくためのCMOSバッテリーというバックアップ電池がパソコン内部に取り付けてあります。

電源を切っても、ACアダプターやバッテリーを抜いても次に起動した時に正確な時間を表示しているのはCMOSバッテリーのおかげなのです。

CMOSバッテリーの不良

このCMOSバッテリーが消耗して電池残量が無くなると時刻の設定を記憶しておくことが出来なくなってしまいます。

その場合、このようなエラーが発生したり、Windowsが起動しても時間設定がおかしなことになっているという事があります。

CMOSバッテリー交換は分解必須

このCMOSバッテリーはマザーボードに接続されているため、パソコン本体を分解して交換しなければいけません。

E4200分解

Latitude E4200ではマザーボードの右上の方についている水色の丸いものがCMOSバッテリーです。

CMOSバッテリー

このCMOSバッテリーを取り外し、新しいものと交換します。

パソコンを組み立てたらBIOSで現在の正確な時間に合わせて再設定します。

CMOSバッテリー交換後の起動

これでパソコンは無事に電源が入るようになりました。

再起動して、「Time-of-day clock stopped」というエラーが出なくなればCMOSバッテリー交換で修理完了となります。

このCMOSバッテリーはノートパソコンだけではなく、デスクトップパソコンにも入っています。

CMOSバッテリー交換は専門家へ

「Time-of-day clock stopped」というエラーが表示される場合や時刻設定が狂ってしまう場合は、秋葉原と新宿、池袋のパソコン修理店、イーハンズにお任せください。

ご来店、宅配便どちらでも対応可能です。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です