NECノートパソコンLS150/CS1YB(PC-LS150CS1YB)のハードディスク交換修理

NECノートパソコン LS150/CS1YB (PC-LS150CS1YB)のハードディスク交換修理を行いました。

電源を入れると黒い画面に白い文字で「SMART機能でエラーが検出されました」、「すぐにデータをバックアップして、HDDを交換してください」、「HDDが故障する可能性があります」などという警告メッセージを表示しています。

1

画面の指示に従い、F1キーを押すと継続され、Windowsの起動はできるようです。

しかし、Windowsが起動できてもすぐに「ハードディスクの問題が検出されました」という警告が表示されます。

2

ハードディスクが故障しているようなので、ハードディスクの交換とリカバリー(初期化)の作業を進めていきます。

ハードディスクを入れ替えた後のリカバリーにはリカバリーディスクが必要となりますが、作成していない場合はまだWindowsが起動しているこの状態で急いで作ってしまいます。

Windowsが起動しないレベルまで故障してしまうと作業内容も変わり、手間がかかりますので、故障が進行する前に作業に取り掛かります。

リカバリーディスクの作成を終えたらハードディスクを交換します。

3

本体裏面のネジを2本外すだけで引っ張り出せるタイプなので交換作業は簡単に進みます。

ハードディスク交換をしたら先ほど作成したリカバリーディスクで初期化していきます。

4

あとは画面の指示に従い進めていくだけとなります。

リカバリーが出来たパソコンを起動してみると最初の黒画面に白文字のエラーメッセージも出なくなり、Windows起動後も警告ウィンドウは出なくなりました。

5

無事に起動できるようになりましたのでこれで修理完了となります。

今回のようにエラーメッセージが出ても無視してWindowsを操作することは可能です。

 

しかし、エラーや警告を無視し続けると完全に起動しなくなるような故障につながります。

 

起動しなくなってしまった場合は修理費用が高額になってしまう可能性がありますが、今回はエラーメッセージが出てすぐにご来店いただき、Windowsが起動しないような深刻な故障になる前に作業が出来たので安価で修理することができました。

 

ハードディスクのエラーがでてパソコンが起動できない時などは必要以上に電源を入れず、早めにイーハンズへご相談ください。

パソコン修理を持ち込みで秋葉原と新宿、池袋の修理店舗へ直接ご相談も可能です。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理