【無料交換】MacBook バッテリー交換プログラムとは

記事監修者紹介

MacBook修理担当。MacBookが好きすぎて給料のほとんどを関連商品につぎ込む自称MacBookマニア。ニックネームはマックさん。自宅には歴代のマックが数十台以上という噂。社内一のムードメーカー。

MacBookバッテリー交換プログラム【無料!?】

MacBookでは、一部の機種を対象にバッテリー交換を無料で行う「バッテリー交換プログラム」という制度を行っております。

これは、バッテリーの劣化などでバッテリーが発火や破損する恐れがある場合のリコールや、リコール対象でなくても自主回収を行っている制度です。

すべてのMacBookで行われているものではなく、バッテリーに危険があると発表されている一部のMacBook Proが対象となります。

無料交換の対象は?

2019年10月現在、確認できたMacBookは下記のとおりです。該当するモデルでも、製造時期などによっては対象外モデルもございます。

詳細はアップルストアや公式サイトで確認が必要となります。(確認方法も、当ページで紹介してます)

  • MacBook Pro 15-inch
  • MacBook Pro 13-inch(タッチバー非搭載)

上記モデルの一部機種で、バッテリーを無料で交換してもらえるプログラムが実施されております。

ご自分のMacBook Proが、バッテリー交換プログラムの対象かどうかは、下記のページ内から、シリアルナンバーを入力することで確認ができます。

MacBook Pro 15インチの対象機種

MacBook Pro 15インチモデルでは、バッテリー交換プログラムが実施されており、主に2015年9月~2017年2月頃に販売されたモデルが対象になっているようです。

上記のモデルに該当する場合は、下記の特設サイトより「シリアルナンバー」を入力して対象かどうか検索します。

15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム

MacBook Pro 13インチの対象機種

MacBook Pro 13インチ TouchBar非搭載モデルでは、バッテリー交換プログラムが実施されており、主に2016年10月~2017年10月頃に販売されたモデルが対象になっているようです。

上記のモデルに該当する場合は、下記の特設サイトより「シリアルナンバー」を入力して対象かどうか検索します。

13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラム

バッテリー交換の手順

バッテリー交換対象の場合は、アップルストアに予約して持ち込むか、アップルのサポートへ連絡し宅配で送る方法があります。

また、アップルストアへ持込の場合は予約をしないと突然持込しても対応してもらえません。

アップルストアの修理は、かなり込み合うこともありますので宅配を利用するほうが結果、早くなることもあります。

無料交換対象外モデルは

無料交換の対象外の場合、有償での修理となります、また古いモデルの場合、バッテリーがなくアップルストアやサポートでは修理不可の場合もございます。

対象外モデルのバッテリー交換なら

当店でも宅配、持込共にMacBookのバッテリ交換を行っております。お気軽にご相談ください。

参考ページ:

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です