dynabook T351 T351/57CR PT35157CBFRの電源修理【マザーボード】

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

dynabook T351のマザーボード修理

dynabook T351 T351/57CR PT35157CBFRの電源が起動しない、通電しないという症状のパソコン修理を行いました。

このT351は、池袋店から徒歩県内の西池袋にお勤めのお客様で、池袋でパソコン修理のお持込をいただきました。
自転車で気軽に持込ができ便利だったとのことです!

T351の症状

T351起動しない

T351、T451のマザーボード修理でよく見かける症状で、ACアダプタを接続しても通電ランプも光らず、電源が入らない状態です。

T351通電不可

T351のマザーボード修理

T351は過去にも多数修理しており、実績があります。この機種はマザーボード交換しなくてもマザーボード修理で改善されることがほとんどですので、データの初期化不要で作業が進められまます。

T351分解

早速、T351を分解してマザーボードを修理します。

ます、裏面からネジを全て外し、HDDやメモリベイも外します。裏面が済んだら今度はキーボードも外します。

T351 キーボードの取外し t351キーボードベゼル

キーボードを外したら、キーボードベゼルも外します。

T351キーボードベゼルの取外し T351のマザーボード取外し

キーボードベゼルが外れたら、マザーボードを本体から取外します。

マザーボードの不具合箇所の調査

T351マザーボード

マザーボードの取り外しが完了しました。

マザーボード上の不具合箇所を見つけ出し、電源が入らない原因の箇所を見つけ出します。

肉眼でわかるようなサイズではないチップもたくさんあります。時には顕微鏡や検査電気を流しながらマザーボードの検査を行います。

T351マザーボード不具合箇所

不具合箇所を見つけたら、不具合箇所やチップを交換してあげます。再度、検査用の電気を流して問題がなければマザーボード修理完了です。

元通りに組み立直して電源が通電、起動すれば修理完了です。

T351通電完了

T351のマザーボード修理なら

T351のマザーボード修理は実績豊富な当店へお気軽にお任せください。
下記ページで過去に行ったT351や同一マザーボードのT451の実績の一部を紹介しております。

東芝 dynabook T451電源が入らない【マザーボード修理】

 

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です