東芝 dynabook KIRA V83のキーボード交換

KIRA V83キーボード交換

KIRA V83のキーボード交換方法

KIRA V83

秋葉原と新宿でパソコン修理を行っているイーハンズです。

東芝dynabook KIRA V83のキーボード交換を行いました。KIRA V83のキーボードのEnter(エンター)キーが反応しない状態です。

特にキーボードに水をこぼしたり、衝撃を与えたりといったことはしていないとのことです。

キーボード交換

このようなキーボードが反応しない場合は、キーボードごとの交換が必要になります。

早速、キーボードの交換を行います。

KIRA V83は本体の分解が必要

KIRA V83はマザーボードよりも奥にキーボードユニットがあるため。裏蓋から分解していくKIRA V83の場合、マザーボードまで取り外す必要があります。

早速、KIRA V83を裏蓋から分解していきます。

KIRA V83 分解

裏蓋を開けると内蔵バッテリーとマザーボードが見えます。

バッテリーとマザーボードの取り外し

まずは内蔵バッテリーを外して無通電状態にする必要があります。内蔵バッテリーを取り外しできたら、次にマザーボードを外していきます。

無理やり外したりすると、マザーボードを破損してしまうため慎重におこないます。

KIRA V83マザーボードの取り外し

キーボードの取り外し

マザーボードも取り外しました。マザーボードを外すとキーボードとキーボード用のバックライトシートが見えてきます。

KIRA V83固定ネジ

キーボード裏面には、無数の固定用の小さなネジが付いています。このネジをひとつひとつ外していきます。

キーボードの取り外しと交換

キーボードの取り外しが出来ると、キーボードベゼル(トップカバー)が見えてきます。

KIRA V83トップカバー

このキーボードの穴に沿って新しいキーボードをはめ込みます。

キーボード交換が終了したら逆の手順で組み立てて行き動作確認を行って修理完了です。

KIRA V83のキーボードについて

KIRA V83のキーボード

KIRA V83は小型の持ち運び重視のパソコンだけあって、非常に軽量化されており、薄型かつ小型のためか、テンキーは省略されています。

また、キーボードのキーピッチは最近の流行りなのか、キー同士に隙間が開いているタイプになります。

KIRA V83のキーピッチ

また、キーボード以外にも、タッチパネル搭載でSSDモデルのため、起動も早く持ち運びに特化したノートPCです。

KIRA V83のキーボード交換なら

KIRA V83のキーボード交換やパソコン修理はイーハンズへおまかせください。秋葉原と新宿、池袋の店舗や、宅配便でも迅速にキーボード交換やパソコン修理を迅速対応致します。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です