【液晶修理】東芝 dynabook R731/37DB(PR73137DRFB) 画面が真っ暗

R731/37DB液晶画面が真っ暗

東芝 dynabook R731/37DBの液晶修理

R731/37DB液晶画面が真っ暗

東芝 dynabook R731/37DB(正式型番:PR73137DRFB) の画面が真っ暗の症状の修理を行いました。

机の上から落とした後から液晶が真っ暗になってしまったとのことです。

R731/37DBの特徴

R731/37DB型番

R731/37DBはWindows7搭載のパソコンで、HDDは750GBあります。メモリ4GBとネットやメールをするぐらいの利用なら十分かも知れません。

そんなR731/37DBですが、液晶には13.3インチの液晶が付いており、大きすぎず・小さすぎずちょうどいいサイズだとおもいます。

R731/37DBの液晶の不具合

今回お預かりしたR731/37DBは、突然液晶が真っ暗になってしまい、よく見るとうっすらという症状です。この機種の液晶はLED液晶ですので、バックライト交換では無く液晶交換となります。

R731/37DBを分解してみた

実際にR731/37DBの液晶周りを分解してみたところ、液晶パネルと本体をつないでいる信号ケーブルが少しだけ斜めに外れかかっていました。

R731/37DB液晶コネクタ

この上部の一番抜けかかっている部分が、LEDバックライトの駆動に必要な電気の供給している部分です。液晶コネクタが抜けかかっていることにより、液晶のLEDバックライトに電気がしっかりと供給されずLEDバックライトが点灯出来ず液晶がうっすらという症状が出ている状態でした。

液晶コネクタの補修で修理が完了

液晶コネクタの抜けを直し、カプトンテープなどでしっかりと抜けないように固定をした所、しっかりと表示されるようになり、修理が完了しました。

R731/37DB液晶修理完了

今回は部品交換が必要なく、補修作業のみで修理が完了し低価格で液晶修理が完了致しました。

ノートパソコンの液晶修理なら、イーハンズへご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理