Windows8でキーボードが入力できない原因と対処法

キーボード

Windows8のキーボードが入力できないトラブル

Windows8のキーボードが入力できない

最近、Windows8の流通が増えてきたのに比例して「Windows8のキーボードが入力できない」というご相談が増えてきています。

様々な原因でWindows8のキーボードが入力できないトラブルのご相談を頂いておりますが、じつは、設定の問題でキーボードが入力できなくなっていることがほとんどなのです。

Windows8のキーボードが入力できない症状でお悩みの方は、一度ご確認ください。

キーボードが入力できない症状例

キーボードが入力できないと言っても様々な状況がありますので、状況に応じたトラブル解決や原因をご紹介させていただきます。

 キーボードのテンキー(数字)が入力できない

テンキーが入力できない

キーボード右側にある電卓配列と同じ「テンキー」の数字が入力できないトラブルにいては過去の記事をご参照ください。

→ キーボードのテンキーが入力できない時の対処法

 特定のキーだけが入力できない

特定のキーが入力できない

特定のキーボード上のキーだけが入力できない場合は、キーの間にホコリやゴミが挟まっている事がございます。

市販のエアスプレーなどでゴミの除去などクリーニングを行って下さい。

ゴミの除去を行っても、まだキーボードが入力できない場合は、キーボード自体の故障が考えられます。デスクトップパソコンの場合はキーボードの交換を、ノートパソコンの場合はご自身では交換できませんので、ノートパソコンのキーボード交換をご相談ください。

 キーボードが全く反応しない

コネクタ抜けでキーボードが入力できない

デスクトップパソコンで、キーボードのすべてのキーが入力されない場合は、キーボードが抜けていないか確認をします。

ノートパソコンの場合はキーボードが内蔵の為、コネクタの抜けの確認は必要ありません。

コネクタの抜けがない場合や、ノートパソコンの場合は起動しているソフトや設定の問題でキーボードが動かなくなっている事があります。パソコンを再起動してどうなるか確認をしてみてください。

 水こぼしやパソコンを落としたなどの物的損傷の場合

キーボード落下で入力できない

パソコンのキーボードに水をこぼした場合や、キーボードに物を落とした、ノートパソコンを落下させたなど物的損傷でキーボードが入力できない場合は設定や再起動では直りません。

デスクトップパソコンの場合はキーボードを新しいものへ交換したり、ノートパソコンでキーボードが入力できない場合は、ノートパソコンのキーボード交換のご相談ください。

キーボードが入力できない場合の対策

Windows8のキーボードが入力できない状態でお困りの場合、Windows8に標準で付属している「スクリーンキーボード」を利用すれば、文字を画面上で入力することが出来ます。

スクリーンキーボード

Windows8の標準で付いているソフトですので、もちろん無料で使用できるキーボードソフトになります。

とりあえず応急処置として文字を入力したい、ログインパスワードを入力したいなど、キーボードが入力できない時の対策としてお使いください。

→ Windows8でスクリーンキーボードを起動する方法

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理