小文字が大文字になる症状【CapsLock】が犯人かも・・

CapsLockキー

小文字が大文字になる

さっきまで使えていたのに、突然、大文字になってしまった なんてことありませんか?もしかしてshiftを押すときにその上のCaps Lockも一緒に押してしまったのでは?

CapsLockキーとは

CapsLockキー

 CapsLock (カプスロック) キーとは、通常設定モードである小文字入力を大文字入力に設定するショートカットキーです。

大文字入力が続く入力作業に使われているようです。

 Caps Lockの使い方

大文字入力が続く文章を打ちたい場合、「shift」を押しながら「Caps Lock」を押すと設定されます。また、解除したい場合も「shift」を押しながら「Caps Lock」を押すと小文字表示に戻ります。

Caps Lock状態かどうかの確認方法

ノートパソコンの場合、ほとんどの機種でキーボード周辺にある写真のような、CapsLockランプが付いております。このCapsLockキーの点灯の有無でCapsLockの有効化無効化を見分けることが出来ます。

Caps Lock無効時
CapsLock非点灯

 

Caps Lock有効時

CapsLock点灯

別のノートパソコンでは、下記のようにアイコンの下のランプが点灯するの物もありました。

CapsLock

また、デスクトップパソコンの場合はパソコン本体ではなく、下記の写真の用に「キーボード上」にランプがあります。

デスクトップキーボード

お使いの機種によってはランプの位置は異なりますので、見つけられない場合は説明書等をご確認ください。

 CapsLockと故障を間違えることも

ちなみに、当店でよく「パソコンのパスワードを入れてもログインできなくなった」という相談を頂きますが、Caps Lock設定になってしまっていて大文字入力状態の為、パスワードが合わないということがあります。

もし、合っているはずのパスワードにエラー出るようになってしまった時は、この方法を試しにやってみてください。

 

Caps Lockを操作しても、大文字設定が解除できない場合はキーボードの故障の可能性も御座います。

お電話でも、秋葉原と新宿・池袋のパソコン修理の店舗へお持込でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理