スマホプロジェクターを5分で自作!100均とダンボールでOK

ダンボールスマホプロジェクター自作

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

スマホプロジェクターってご存じですか?

スマホでYouTubeなどの動画を見たりすることはありますが、画面が小さかったり画面を手で持っているのが辛かったりしますよね。

スマホプロジェクター

最近では、高額なスマホプロジェクターの他に、安価なダンボール製のキットが販売されてWEBニュースなどのメディアに出ていますが、お値段が3000円以上してしまいます。

ダンボールのスマホプロジェクターに3000円は払えない私ですが、自宅でスマホプロジェクターが欲しくてたまりません!

ダンボールスマホプロジェクター自作

スマホプロジェクターが実際にどんなものか、試してみたいのですがネットやニュース記事だけではどのくらいのものかわかりません。

そこで、自宅にある「カッター」と要らなくなった「ダンボール」、以前に100均で購入した「虫眼鏡」などで、スマホプロジェクターを自作してみました!

スマホプロジェクターとは

スマホプロジェクターとは、スマートフォンに表示されている画面を壁に投影し部屋を暗くして映画館のように画面を見れる機械です。

スマホプロジェクター画面

一般的にパソコンなどで使うプロジェクターは数万円、スマホ用の小さなプロジェクターは1万前後、最近販売されたばかりのダンボールスマホプロジェクターは3000円程度とします。

特にスマホプロジェクターは、Bluetoothなどで外部出力させて電気を使用して投影する本格的なものから、ダンボール素材で出来たケースとレンズがセットになった簡易的な物まで、たくさんの商品が販売されています。

ダンボールと虫眼鏡で作るスマホプロジェクター

実際にスマホプロジェクターが欲しくなってしまったので、スマホプロジェクターを自作しちゃいました!

スマホプロジェクター自作に必要なものは、ほとんどが自宅にあるものです。なくても100均で手に入るようなものですので、ぜひお試しください。

スマホプロジェクター自作に必要な物

スマホプロジェクターの自作に用意したものは、下記の通りです。

プロジェクター自作道具

・ダンボール

・ペンまたはマジック

・カッター

・虫眼鏡

・梱包テープまたはセロテープ

・「スマホプロジェクターを絶対に自作するぞ!」という諦めない気持ち

スマホプロジェクターの自作方法

それでは、スマホプロジェクターの自作を始めていきましょう!

まず、ダンボールは大きめで平べったい物を用意しました。今回は、以前Amazonでプリンター用紙を購入した時に梱包されてき空き箱を使用しました。

プロジェクター用のダンボール

まず、虫眼鏡をダンボール側面に当てながらペンでなぞり、レンズの大きさと同じ円を描きます。

プロジェクターレンズ

描いた円に合わせてカッターで切ります。気持ち円より少し小さめに切ります。

プロジェクターレンズ切り取り

切り落とせました。

プロジェクターの穴

ダンボールの切れ端を反対側に、立てかけるように貼り付けます。

スマホ固定用スタンド

切り落として円の内側に、虫眼鏡をテープで貼り付けます。

貼り付ける際に、テープがレンズに当たらないように注意して下さい。

プロジェクターレンズ固定

以上で、ダンボールのスマホプロジェクターは完成です!

自作スマホプロジェクターを使ってみる

早速、ダンボールで作ったスマホプロジェクターを試してみます。

今回は、iPhoneを使って動画を再生してみました。スマホの画面をレンズを通して移すため、上下左右が反転して写ってしまいます。

そのため、画面回転をしないように設定した上で、明るさ設定も最大にして、MirrTubeというアプリで左右反転させます。MirrTubeで動画を再生した状態で、スマホの逆さ画面の状態で設置します。(横画面の場合)

スマホ逆さ取り付け プロジェクターにスマホをセット

後は蓋を閉じて光を漏れないようにするば完了です!

早速投影してみましょう。

暗闇の部屋で投影してみる

実際に部屋を暗くして試してみます。壁からの距離によってぼやけたりくっきりしたりしますので設置位置を調整します。

スマホプロジェクター投影 投影画面(小)

また、距離によって画面の大きさも変わるので、ベストの位置で設置して完了です。

投影画面(大)

自作スマホプロジェクターの反省点

スマホプロジェクター失敗例

じつは今回、Amazonの箱を使う前に、栄養ドリンクの箱で作ってみましたが、箱のなかでレンズとスマホの距離が少なかった為か、うまく映りませんでした。

また、スマホを立てかける為に作ったダンボールの切れ端ですが、斜め過ぎると映らない為、立てかけるのが難しかったです。スマホをまっすぐ立てかけられるように改良が必要です。

iPhone修理なら

iPhoneの修理なら池袋のイーハンズへおまかせください。プロジェクターは作っておりませんが、修理ならお気軽にご来店ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 池袋店電話番号 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原店詳細 池袋所在地 新宿店詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です