「Pause/Break」は過去の名残?【用途・使い方】

Pause/Breakの用途
記事監修者紹介

パソコン修理の技術指導員Yoshi。パソコン修理からデータ復旧まで何でもこなし、20年前のWinXP全盛期からPCの修理やカスタマイズを行っている。

パソコンやノートパソコンのキーボードは、常に使うもので、特に文章やメールの作成など文字入力には必ず必要な便利なアイテムです。

キーボードには、F1~F12のファンクションキーで画面の明るさを変更する方法や、Ctrlキーでコピー・ペーストをする方法、Caps Lockで大文字入力を補助などの「ショートカットキー」があります。

これらのショートカットキーを使いこなすと作業時間の短縮など便利な機能がたくさんあります。

「Pause/Break」とは

パソコンやノートパソコンのキーボード上にある「Pause/Break」のキーを使用したことはあるでしょうか?

Pause Break

Pause Breakの用途

ところで、「Pause Break」と書かれたキーは使ったことありますか??

Pause Breakの位置

このPause Breakキーは使った事が無いという方がほとんどだと思います。

Pause Breakは用途無し!

実は、このPause BreakキーはWindows上ではほとんど使う事がなく、DOSやBIOSなどを操作しているときに「プログラムの中断や処理の終了」等に使われるため、DOSやBIOSをいじるような人以外には無縁なキーということになります。

WINDOWSではショートカットキー

では、Windowsでの「Pause/Break」の存在意義は何なのでしょうか!? 実は便利なショートカットキーに利用されています。

[Windows]キーを押しながら「Pause Break」を押すと「システム」ウィンドウへのショートカットとなっています。

システムウィンドウ

パソコン修理やプログラマー向け

「Pause/Break」も「システム」の画面もあまり馴染みは無いかもしれませんが、イーハンズのようなパソコン修理専門店ではこの「システム」はとても重要な画面なのです。

「システム」ウィンドウにはパソコンのOSやCPU、メモリ、などなどそのパソコンの情報が沢山記載されています。

また、ハードディスク修理の後にはこの「システム」ウィンドウを表示し、横にある「デバイスマネージャー」でドライバーの確認を行います。

ちょっと専門的なショートカットキーなので、パソコン修理のイーハンズのように頻繁に「システム」ウィンドウを使う人で無いとほとんど使い道はありませんが、例えばイーハンズへパソコンの修理をお問い合わせいただく際、OSや現状のメモリ容量などをお伺いすることがあります。

その際にはこのショートカットキー(Windwos+ Pause/Break )で「システム」ウィンドウを開けば必要な情報が記載されていますので使ってみてください。

便利なキーボードの使い方

「Pause/Break」以外にもキーボードには、便利な機能がたくさんあります。そんなショートカットキーなど関連ページをご紹介します。

パソコンのトラブルならイーハンズへ

パソコンのトラブルでお困りの方は、秋葉原や池袋、新宿のイーハンズへご相談ください。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理