0X000000A5はBIOSトラブル【原因と対処】

0X000000A5原因と対処

0X000000A5のブルースクリーン

0X000000A5で起動しない

パソコンが立ち上がらない(OSが起動しない)とご相談をいただきました、DELL VOSTROのノートパソコンです。

OSインストール中のエラー

ご自分で古いパソコンWindows7を、Windows10に更新しようとOSインストールをしたところ、インストール途中でこの画面が出てしまったとのことです。

他店でHDD交換+OS新規試すも・・

秋葉原の店舗へお持込み頂いた修理案件ですが、秋葉原へパソコンの持込修理をされる前に、他の修理店にご相談・診断を依頼されていたとのことです。

どちらも「HDDの交換と初期化」が必要と診断されたとのことです。

診断をした修理店(他店)に、そのまま依頼をしたそうですが、HDDの交換と初期化をしても結局直らなかったと戻されてしまったとのことです。

ブルースクリーン(青画面)

詳細な症状として、パソコン起動時に「ブルースクリーン」が表示されてしまい再起動を繰り返しWindowsが立ち上がらない状態です。

0X000000A5のエラー

0X000000A5のブルースクリーン
0X000000A5のブルースクリーン画面

0X000000A5エラーの内容

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.
If this is the first time you've seen this stop error screen.
restart your computer. If this screen appears again follow
these steps:

Technical information:
*** STOP: 0X000000A5 (0x0000000000001000, 0x000000005F334018,
0x000000000000F204)

このようなブルースクリーンは、メモリを増設などしたり、システム、ハードウェアの構成を変えたりなどしてでてくるブルースクリーンです。

お客様に確認したところ、特にメモリの増設やパーツの取外などはしていないということです。

0X000000A5の「原因」はBIOS

0X000000A5の原因「BIOS]

更に当店で原因や詳細を確認したところ、BIOSがACPIという規格に対応していないことがで0X000000A5のブルースクリーンが出現しているようでした。

※ACPI:BIOSでの電源管理やHDDやドライブなどの構成管理するための規格。
Advanced Configuration and Power Interface(アドバンスド コンフィグレーション アンド パワー インターフェイス)

OSをインストールする1ヶ月ほど前に、メーカのHPに更新の案内が出ており、どのようなものかわからないが、BIOSの更新したとのことです。

その直後から、起動する時にたまにうまく立ち上がらないこともあったが、Windwosを新しい物にすれば改善されると思い気しなかったとのことです。

まさかのBIOSが原因

パソコンの不調はご使用者様のお心辺りがない、以外なところに原因があることも少なくありません。今回のBIOS更新も「言われてみて思い出した」とおしゃっておりました。

さらに、当時の更新について詳細をヒアリングしたところ、更新するファイルがいくつか種類がありどれを選んで良いかわからず、一番上のものを選んだとのことです。

上記のことから、BIOS更新に失敗などBIOS更新したことが原因の可能性が高くなってきました。

0X000000A5の対処法

このままでは「0X000000A5」のブルースクリーンが表示されてしまい、Windowsが立ち上がらない為、BIOSを修正する必要があります。

通常、BIOSの更新はWindowsが立ち上がっている状態で、メーカ公式ホームページよりダウンロードして、Windows上で更新ソフトを開いて操作をします。

古いWindwos に戻す

WINDOWS

しかし、今回はWindowsが起動しないため、Windowsが立ち上がらない状態でBIOSの修正をする必要があります。

上書きでWindwos10をインストールして失敗してしまった為、旧バージョンのWindwosはありません。

とりあえず、旧バージョンのWindwosを入れなおします。旧バージョンのWindwosでは、不安定ながら起動していたとのことですので旧バージョンのWindwos が立ち上がるようになったら、BIOSを正しい物へ更新してあげます。

BIOSの書き換え

旧Windowsが立ち上がる状態でBIOSを修正し、BIOSの更新作業が完了すれば修理完了です。

無事に、Windows10をインストールすることもできるようになり、0X000000A5のブルースクリーンも出なくなりました。

旧バージョンに戻せない、失敗する場合は

旧バージョンのWindwos に戻せない、旧バージョンのWindwosのインストールにも失敗する場合は、USBやCDからブートできるLinuxなどからBIOSを編集して修正する方法(難易度:中)があります。Linuxなどがお分かりの方はお試しください。お分かりでない方は、悪化させますのでご遠慮ください。

それでもだめなら「PC修理」

それでもできない場合は、マザーボード上のBIOSのチップ自体を剥がして専用の機械で書き込む方法(難易度:業者レベル・要設備)になります。

この作業は、ご自分ではまずできない上、専用の設備も必要なため難しくなります。パソコン修理の店へご相談ください。

BIOSチップ
BIOSデータの編集

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です