【プロが教える】パソコン廃棄処分の方法

簡単には廃棄処分出来ないパソコン

パソコンは資源有効利用促進法や小型家電リサイクル法などの定めにより不燃ごみや粗大ゴミとして普通のゴミのように出すことが出来ません。

パソコンの処分

パソコンを処分した時のデータ

また、パソコンの中には個人情報などのデータが含まれているので、処分するにも心配な部分があると思います。

保存していたファイルはゴミ箱へ移動し、ゴミ箱の中のファイルを完全に削除したので大丈夫と思っている方、それでは大丈夫ではありません。

簡単に復元されてしまうデータ

特殊なソフトを使えばゴミ箱から削除されたファイルを復元する事だって可能なんです。

インターネットショッピング等で利用した住所や名前の履歴とマイピクチャに保存していた自分の写真、この3つが復元されたら簡単に個人が特定されてしまいます。

廃棄には十分の注意が必要

そうならない為にも、パソコンの廃棄処分には十分気をつけた方が良いでしょう。

所有者が自分の手でデータを消せる範囲は限られています。
特に仕事で使っていたパソコン等はデータを十分に消してから処分する必要があります。

イーハンズでは処分のお手伝いもしておりますので是非ご利用ください。

まず、データが保存されているハードディスクを抜き出します。

この抜いたハードディスクをデータ消去専用機に接続し、消去用のソフトにてデータ消去を行います。

データ消去

このように論理的にデータ消去されたハードディスクですが、更に完全にデータの復元が出来ないように物理的消去を行います。

ハードディスクの破壊

単純なやり方ですが、データが保存されている部分を破壊することによりデータを復元できなくしてしまいます。

ここまで行う事により廃棄処分したいと思っていたパソコンのデータは完全に消去されたことになります。

冒頭でも触れましたが、パソコンは法律により普通のゴミのように出せません。

また、データの消去も専用のソフトが必要であり、物理的な破壊時にも金属片がバラバラに飛び散るので怪我をするリスクもあります。

故障機の買取も

パソコン修理だけではなく、買い取りも行っております。
古いパソコンや故障しているパソコンも無料で査定いたします。

買取したパソコンのデータは上記のように完全に消去し、使えそうな部品はリサイクルさせてもらいます。

パソコンの処分でお困りの方は買い取りも検討してみてはいかがでしょうか?

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理