【コンセント火災】電源コードの正しい取り扱い方法

トラッキング現象2

こんにちは!秋葉原と新宿のパソコン修理イーハンズです。

先日ノートパソコンのACアダプターの記事を書きましたが、ACアダプタなどの、コンセントを使う電気製品の火災対策は出来ていますか?

コンセントが原因で火災になることもあるんです!!

 テレビや冷蔵庫などの、パソコン以外の家電にも関係しております。

留守中にも挿しっぱなしの電気製品もあるかと思います。ご自宅の電気製品のコンセントをご確認ください!

トラッキング現象・トラッキング火災

トラッキング現象1 トラッキング現象とは、コンセントに電源プラグの隙間にホコリや湿気が入り込み、

ホコリや湿気が原因で火花放電がおき、ホコリやプラグなどに引火して発火してしまう現象です。

※写真は分かりやすいように隙間を作っておりますが、ピッタリと差し込んだ状態でも隙間にホコリや湿気は入り込むことがあります。

トラッキング現象2

冷蔵庫やテレビ、パソコンや携帯などの充電器のコンセントなどの
長時間挿しっぱなしの家電でよく火事が起きています。

一部の製品では下記の写真のように、トラッキング対策といってコンセントの根元が絶縁加工されているものもあります。

トラッキング 対策品

対策されていない製品は、使わないときはコンセントから抜くか、定期的にホコリを除去、隙間が無いようにしっかりと挿しなおすなどの対策をする必要があります。

また、ホームセンターなどではコンセントの根元に差し込む形のトラッキングキャップも
販売していますので、購入されてみてはいかがでしょうか。

メガネケーブル

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理