電源スイッチが押せない原因と修理方法【ノートパソコン】

記事監修者紹介

三度の飯よりマザーボード修理」が好き、社内のあだ名は「マザボ男」や「マザボさん」。生まれ変わったら某社のマザーボードになりたいという夢を持つ社内1の「GPU交換」から「回路補修」、「基板修理」ならお任せのスーパーマン。

「電源スイッチ」が押せない

「電源スイッチ」が押せないとご依頼のNECのノートパソコンを修理しました。

電源スイッチが押せないノートパソコン
電源スイッチが押せないNEC VersaPro J タイプVFのノートパソコン

電源スイッチが押せない為、電源を入れることができず「パソコンの電源が入らない」状態です。

電源スイッチが硬い

電源を入れようと、電源スイッチを押すと「硬く」押せない状態です。

押せない電源スイッチ
電源スイッチが押せない

通常、電源ボタンを押すと「カチッ」とボタンを押した感触がありますが、まったく押した感触もなく、硬い状態です。

以前より、電源ボタンの感触が悪く、うまく電源が入らないことがあったとのことです。

電源スイッチに物理的故障があり、パソコン修理が必要です。分解して故障個所をピンポイントで修理します。

ノートパソコンを分解・修理

電源スイッチの状態を確認するため、ノートパソコンを分解して修理します。

パソコンの分解

ノートパソコンを、分解し電源スイッチを取り外します。

電源スイッチの裏面

電源スイッチの裏面が確認できました。本体カバーに「電源スイッチ」がついている状態です。

この電源スイッチの基板も取り外します。

電源スイッチの損傷

電源スイッチの基板を取り外したところ、ポロっと部品が落ちてきました。

電源スイッチの基板

電源スイッチ基板の「スイッチ」のチップ部品が損壊しており破損しておりました。電源スイッチのこの部分が破損していたため、押せなかったと考えられます。

電源スイッチは優しく

近年のノートパソコンは、薄型、軽量化、コストダウンのために部品の耐久性も、依然と比べると弱くなっているものもあります。

電源スイッチを強く押したり、カチカチ押したりしないように注意が必要です。

基板交換せず「電源スイッチ」で交換

他店だと、この電源スイッチの基板交換をしてしまうかと思います。

この電源スイッチの基板交換をしてしまうほうが、作業も簡単で早いです。

しかし、電源スイッチの基板を取り寄せる時間と取り寄せ費用、さらに部品代も意外と高額になってしまいます。

電源スイッチ基板交換は高い

今回はお客様ご要望で、当店では電源スイッチの基板は極力交換せず、電源スイッチのチップのみを交換する作業といたしました。

電源スイッチのチップ部分を交換

電源スイッチのチップ交換

電源スイッチのチップ部品

幸い、電源スイッチのチップであれば 同タイプの物のストックがありました。このチップを新しい物へ交換します。

電源スイッチのチップを交換したら、元通りにパソコンを組み立てれば修理完了です。

電源スイッチ修理が完了

「電源スイッチが押せない」症状は改善され、しっかりと押したときの「カチッ」という感触も復活しました。

電源スイッチ修理実績

過去にも、電源スイッチの物理故障を直したことがあります。破損状態は異なりますが、ご参考ください。

宅配修理・修理代のご相談は

池袋店電話番号 修理の見積

池袋で持ち込みパソコン修理

池袋パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です