iPhone バッテリーの寿命について【交換時期など】

iPhoneバッテリーの寿命

iPhoneのバッテリーの寿命について

みなさんはiPhoneのバッテリーの寿命をご存知でしょうか?

iPhoneのバッテリーマーク

iPhoneバッテリーの種類

iPhoneに内蔵されている「バッテリー」には、リチウムイオンバッテリーという充電式の電池が使われています。

iPhoneの内蔵バッテリー※Li-ion = リチウムイオン

リチウムイオンバッテリーとは

リチウムイオンのバッテリーが採用され始める以前にはニッケル水素バッテリーと言うものが主流でした。
iPhoneのバッテリーにも採用されているリチウムイオンのバッテリーは、iPhone以外にも、様々な電気製品や工業製品にも使用されています。

身近なリチウムイオンバッテリー
リチウムイオンのマーク

身近な製品にも使用されているリチウムイオンバッテリーとして、携帯電話やスマホ、ノートパソコン、デジカメ、電気自動車、ハイブリッドカーなどの充電を必要とする様々な製品に採用されています。

リチウムイオンのメリット

従来のバッテリーと比べると、充電速度が速い耐用年数が長いバッテリーが軽いなどのメリットがあります。

バッテリーの寿命について

そんな優れた、リチウムイオンバッテリーでも、充電回数が約400〜500あたりからパフォーマンスが悪くなり、バッテリーをいっぱいまで充電したとしても購入当初の80%までしか充電されなくなるようです。

iPhoneバッテリーの寿命は「3年」!?

リチウムイオンの寿命

普段のiPhoneの使用方法にもよりますが、バッテリー交換のタイミングは「約3年」だと言われています。

バッテリー寿命の「見分け方」

iPhoneのバッテリー寿命が近づくと、次のような症状が見られます。

1、%表示がおかしい
(例)さっき見た時は70%あったのにいきなり30%になっている

2、電池の減りが早い
(例)10分前に充電器を外したばかりなのにもう20%も減っている、突然シャットダウンする

3、バッテリーが膨張し「iPhone本体が膨らんでいる」
(例)iPhoneが膨らんで本体とパネルに隙間ができている

最新のiOSでは診断機能も

ちなみに、iOS 10.2.1以降のiPhoneにはiOSが独自で診断して「バッテリーの交換時期」を知らせてくれる機能が付いています。
下の画像のように「iPhoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示されます。

iPhoneバッテリーの交換時期

この表示が出てもそのまま使用できますが、バッテリーの性能が低下している可能性があるため、バッテリーの交換をおすすめします。

パソコン修理のイーハンズでした。

修理費用の概算確認は

修理の見積 秋葉原TEL 新宿店TEL

秋葉原と池袋、新宿などパソコン修理の持込も可能です。

秋葉原・池袋・新宿で持込修理OK

秋葉原パソコン修理 新宿パソコン修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です